信用と創造 住友不動産 Recruitment 2020

社員インタビュー

平成26年入社/建築学科卒
都市開発事業本部 新規計画事業所

“ものづくり“が好き、それが原点

高校時代は文系でしたが、元々“ものづくり”が好きだったこともあり、大学は建築学科へと進みました。しかし、学べば学ぶほどに、図面を引き、建物をつくるだけではなく、そこで「働く」・「住む」・「訪れる」人に対して何ができるか、理想論ではなく実際に街づくりを遂行させるためには何をどうすればいいのか、より広い視野で仕事に携わることができないかと考えるようになりました。都市開発事業を中心として業務に携わることのできる住友不動産であれば、私の想いに近い仕事ができるのではないかと考えるようになったのです。

自分たちのプランを、
責任を持ってカタチにする

現在は、都市開発事業部の新規計画事業所に所属しています。業務の内容を端的に話すと、どのような建物をつくるべきか検討を行い、建物が出来上がるまで計画を推進する、企画・開発業務に携わっています。しかし企画・開発といえば派手な業務だと思われがちですが、実際には少々異なります。先ずは、事業計画を睨みながら、どうしたらその土地を最大限に活用できるかボリュームチェックを実施。土地取得後は、より具体的な計画を進めるために、設計事務所やゼネコン担当者と打ち合わせを重ねてまいります。外観やエントランスのデザイン、セキュリティ面などはもちろん、当初の基本計画をそのまま踏襲するのではなく、建物完成後にご入居されるテナント様はもちろん、日々建物を維持管理するスタッフや、清掃員の方にとって使い勝手の悪いものになっていないか、細かい動線のチェックも行い、ディテールまでとことん突き詰めて計画を進めて行くのです。その街のシンボルとなるような物件を完成させるには、想像以上の地道な作業と細かな配慮が必要でした。そのためには現場を知ることは必須。私はまだ経験が浅いわけですから、時間があれば現場に足を運び、常に知識を増やし感性を磨くことを心がけています。
また、設計事務所やゼネコンの経験豊富な方と一緒になって仕事を進めていくことが多く、その中で会社としての方針を反映させ、建物としてのクオリティは維持しつつ、収益性を追及していくことも求められます。入社間もないころは分からないことが多く時間もかかり、周りの方に手間を取らせてしまったことも多々ありましたし、社内・社外問わずご協力を仰ぎ解決するなど、改めてこの事業は一人で進めていくことはできないと痛感させられました。ただ、やはり自分が関わった物件が着工してカタチになり、テナントが入り、オフィスビルとして多くの人が出入りしているシーンを見ると嬉しいものですし、共に仕事をする方や現場の方から信頼してもらうためには、どんな時でも誠実に対応することが最も大切であることを今までの経験から学ぶことができました。

前例踏襲はほぼ却下。
常に変革と発想力が求められる。

入社以前は、住友不動産に対して、堅実な企業・保守的な企業というイメージがありましたが、入社してみると実態は予想に反して、新しいことに積極的に取り組んでいる企業でした。自分自身で考え、それを実現するために必要な材料は何か、悩みながらも柔軟な発想が求められるのです。過去に捉われる前例踏襲の姿勢は社内では通用しません。他社と同じことをするのではなく、新しい発想や独自性を追求することを社員に期待している。保守的どころか、攻めの姿勢の会社でした。
住友不動産は、自分がやりたいことに信念を持っていれば、必ずそれを聞いてくれる上司や仲間がいて、実現へと導いてくれます。モチベーションを高く保ち、わからないことを放置せず、些細な疑問でも一つひとつ調べあげるなど、新たなことを知る楽しさ、すなわち好奇心が今の自分を支えているといっても過言ではありません。これからも自分の好奇心を信じて行動していけば、おのずとどの部署からも求められる、そしてゆくゆくは会社を引っ張る人材になれると思っています。

ページトップへ

Copyright © 2018 Sumitomo Realty & Development Co., Ltd. All Rights Reserved.