Support

女性の多様な活躍を応援します。

多岐に広がるフィールドで、
イキイキと働き続けられるように。

多様な領域と仕事で、
女性が活躍しています。

住まいづくりの営業職やアドバイザー、街づくりプロジェクトの企画やマーケティング、人事や経理といったコーポレートスタッフ、それを支える事務職など、住友不動産には女性が活躍できるステージが多岐に広がっています。2018年12月現在、女性比率は約25%。まだまだ満足のいく数字ではありませんが、部署や職種によっては8割以上を女性が占めるなど、さまざまな取り組みによって、その比率は年々増加しています。プロフェッショナルとして仕事を極める道や、ワークライフバランスを大切にする働き方など、ライフイベントにたくさんの選択肢がある女性。本人の志向に合わせてイキイキと働き続けられるよう、多彩なキャリアを応援する制度や福利厚生を整えています。現在も多数の社員が産休・育休を取得中。取得後に復帰して仕事と家庭の両立を実現する人も珍しくありません。

チームで連携しながら、
支え合う風土があります。

住友不動産のどこであっても共通して言えるのは、アットホームな雰囲気のもと、お互いを支え合いながら仕事をしているということ。これは、不動産に関する仕事はチームプレーであることが関係しています。住まいづくりも、街づくりプロジェクトも、関わるたくさんのメンバーの協力がなければ形になりません。チームワークとコミュニケーションが仕事の要となるからこそ、お互いを尊重しながら、協力し合う風土が根付いています。

住まいやインテリアへの興味が
仕事に役立ちます。

「おしゃれなインテリアにしたい」「家事がしやすい家にしたい」といったお客様の住まいへのこだわりにお応えしていくのが住まいづくりの仕事です。インテリアコーディネーターはもちろんですが、その他さまざまな職種で、住まいやインテリアについての興味や知識を活かすことができます。たとえば、営業職はお客様と住まいのイメージを共有し、そのこだわりを形にしていく仕事です。家事動線の提案や水回りのリフォーム提案、子育て世帯への提案など「女性ならではの視点やセンス」が役立つシーンも数多くあり、女性の担当者をご希望されるお客様もいらっしゃいます。