サーフの仕組み

お客様は優先出資者として運用資産にご出資していただきます。皆様からご出資いただく金額の合計は、運用資産の評価額の70%相当に限定し、残りの30%を住友不動産が劣後出資いたします。住友不動産が行う賃貸事業によって得られる賃貸利益から、まずお客様に対して優先して分配金を支払います。契約終了後は、まずお客様に対して優先して出資元本を返還いたします
  1. 住友不動産(営業者)は、運用資産の賃貸事業に関し、不動産特定共同事業法に基づき、お客様と匿名組合契約を締結します。

  2. お客様は、住友不動産(営業者)に出資金をお払込みいただきます。皆様からご出資いただく金額の合計は、運用資産の評価額の70%相当に限定し、これを「優先出資」とします。残りの30%を住友不動産(劣後出資者)が劣後出資いたします。

  3. 住友不動産(営業者)は運用資産をテナントに賃貸し、テナントより賃貸料等を受領、賃貸費用(固定資産税、損害保険料、光熱水道費等)を支払うなど、賃貸事業を行います。

  4. 住友不動産(営業者)は、賃貸事業から得られる賃貸利益より、まずお客様に対して優先して分配金を支払います。その後、住友不動産(劣後出資者)はお客様に劣後して分配金を受け取ります。

  5. 住友不動産(営業者)は、契約終了後にまずお客様に対して優先して出資元本を返還いたします。その後、住友不動産(劣後出資者)はお客様に劣後して出資元本の返還を受けます。

↑このページの先頭へ